Yu-ki abe photography   写真家   阿部 祐己

長野県出身で東京を拠点に活動している写真家です。 過去から現代へと繋がる、日本の風景の郊外に焦点を当てています。 例えば、長野県霧ヶ峰の山間部での長期プロジェクトを撮影しており、草原の誕生から現在までの人間活動を模索しています。 牧草地を歩くだけではありません。神道と武士時代の遺跡を訪れ、遭遇した山火事を追いかけ、スキーリゾート跡や廃ホテルが崩壊していくのを記録し、痕跡をたどりました。 私の風景写真は過去の人間活動の痕跡を記録していますが、スナップショットでもあります。   Yu-ki Abe is a photographer originally from Nagano of Japan and is a photographer working in Tokyo. Yu-ki's Photography focusses upon the lesser known and arguably overlooked outskirts of previously well documented Japanese landscape. For example, we are promoting long-term projects in mountainous areas of Kirigamine in Nagano Prefecture, and we are seeking human activities from the birth of grassland to the present. It is not just walking pasture grounds. I visited Shinto and ruins of the samurai era, I chased after the wildfires, I encountered and saw the original ski resort and hotel traces collapsed and followed the traces of Mt.Kirigamine. His landscape photograph is a trace of past human activities, but it is also a snapshot.   Awards Miki Jun Award winner 『New House』Nikon Salon 2015 Canon New Cosmos Photography 『HALO』2012 Canon New Cosmos Photography 『Voyager』2011    

Trace of Fog  霧のあと

  2018 02 / 24 - 03 / 18      諏訪市美術館 シンビズム展 長野県、(一財) 長野県文化振興事業団 主催  2016 12 / 01 - 12 / 07      大阪ニコンサロン 10 / 26 - 11 / 08      銀座ニコンサロン   nikkor club                2017年   5月号  掲載 岩波書店 雑誌 世界      2016年 12月号  掲載     01s 01 02s 02 03s 03 05s 04 07s 05 08s 06     幼少の頃から足繁く通った霧ヶ峰は、名前の由来どおり、しばしば濃い霧に包まれる。 広がる草原の中で霧に覆われると境目が消え、どこまでも先へ続いているかのような錯覚を覚えた。   春になると山には火が放たれる。 火入れは、人為的に形成されてきた草原の維持に一役買ってきた。 ある年、風に煽られた炎が防火帯を越えて燃え広がる山火事騒ぎがあった。 数ヶ月後に草原は元の緑に姿を変えたが、黒く焦げた白樺の森は数年後に切り落とされて姿を消した。   かつての霧ヶ峰では、山岳信仰が盛んだったという。 秋に草原に残る社跡で行われる神事は、800年前に武士たちが行っていた狩猟祭の名残でもある。 人々の山への畏敬の念が今に伝わる一方で、草原には本来の役目を終えた建築群が一つ、二つと増えている。 そのまま放置された無人の建造物は、現代の活動を後世に伝える新たな遺跡のようにも思えた。   山を覆う霧は一瞬の出来事だ。 出ては消え、全てを覆うように見えてもどこかへ消える霧。 人間の活動も同じだろうか。古い史跡も、現代の建物跡も、山の表面に作られた一過性の存在に過ぎない。 放置すれば草原も森に覆われ、いずれは消えてしまうと考えられている。 現代の霧ヶ峰自体が、霧のような一瞬の存在とは考えられないだろうか。   山の持つ長い時間軸の中で、霧の先には、はじまりはなく、終わりもない。 あとに残る、あるいは埋れていく霧のあとを探して、私は道を辿っている。  

Ice

  01s 01 01s 02 01s 03 01s 04   01s 05 01s 06 01s 07 01s 08   01s 09 01s 10 01s 11 01s 12  

新しき家

 
私の母方の実家は代々農業を生業としてきた。築83年になる母屋の建て替えが決まり私は二つの家を撮影する機会に恵まれた。   標高950m、風が戸を叩く平屋。農家は雪解けと共に家を出た。 最初に家具が消えて空っぽになり、田植えの後には柄入りのガラス戸も消えて、解体の神事を終えた後、平屋は昔の面影を見せた。   いつもと変わらず農家は畑に通い、傍らで新居の工事が進む。 ハウスに絡む蔦のように骨組みに巻き付いたコードが血管にも見えて、次第に肉を付け人の住処になっていく。 まだ人の匂いがしない家も年月と共に皺が刻み込まれ、在りし日の平屋のように柱も少しずつ曲がり、いつか歳を重ねた老人のような面影を見せる日が来るのだろう。 毎年繰り返されてきた農作。農家の住処であり続けた家。 ずっと続くと思っていた景色も少しずつ変わり、いつか訪れる節目。   私は家と人の一生を、どこか重ね合わせて撮影していた。     New House My grandmother and their families of my mother's side have been in farm work for generations. One day they decided to rebuild their old house which was 83 years old and I got a good chance to take a photograph of their old house and new house.   Their house has been 950 meters over the sea level standing against storong wind and heavy snow every winter. At the end of the winter the snow started melting and the house got to show it self. Furniture was first moved out and it looked so empty. After rice planting all of windows were taken off to. I could see the old one-storied house when we performed ancestral rites to disassemble it. Daily life of the farm was as usual. My grandmother and their families were working on the field while the reconstruction was going on. Many cables which were coild around building frames looked like blood vessels. And those blood vessels got filled with flesh and gradually changed into a new residence for my grandmothers. It is not that cozy in here because it's very new now. But in time it will be getting cozy and old and someday its frames'll be getting bent in time like an old man. It is the same way as we are born and grown and getting old.   Repeated farming every year. A house which has been aresidence for farm family for generations. The landscape that seems to be always same probably will get changed slowly and face the crisis. The field will be widen and we'll get through winter and greet the New Year again.   I was taking a photograph of the life of the house and the lives of humen there.
  book book  
  2016 01 / 05 - 13      三木淳賞 受賞作品展  (大阪ニコンサロン)   2015 12 / 01 - 07      三木淳賞 受賞作品展  (新宿ニコンサロン) 05 / 16 - 25      全州国際フォトフェスティバル  (全州郷校 全州 韓国)   2014 12 / 01 - 12      Birth展   (CANSON Gallery SEOUL ソウル 韓国) 11 / 20 - 26      Juna 21  (大阪ニコンサロン) 09 / 23 - 29      Juna 21  (新宿ニコンサロン)
  

HALO

  HALO 01  

voyager

  voyager 01  

commercial

  commercial 01 
 

Bio

 

Yu-ki Abe

  Born   Nagano japan    

Exhibition

  2016  『Trace of fog』   Nikon Salon Ginza , Nikon Salon Osaka , Iwanami Magazine "Sekai" (2016 / 12)            Miki Jun Award: Winning Works『New House』Nikon Salon Osaka 2015   Miki Jun Award: Winning Works『New House』Nikon Salon Shinjuku            Jeonju International PHOTO FESTIVAL 『New House』Jeonju Korea 2014  『New House』   Nikon Salon Shinjuku, Osaka            Exhibition "BIRTH"『New House』  CANSON Gallery Seoul Korea            Mitsubishi Corporation Art Gate Program winning 2012   Canon New Cosmos Photography『HALO』Tokyo Metropolitan Museum of Photography,sendai mediatheque 2011   Canon New Cosmos Photography『Voyager』Tokyo Metropolitan Museum of Photography,sendai mediatheque    

Award

  2015   Nikon Miki Jun Award winner 『New House』 2012   Canon New Cosmos Photography 『HALO』 2011   Canon New Cosmos Photography 『Voyager』    

阿部 祐己

  1984  生まれ    長野県出身    

個展

  2016 『霧のあと』(銀座Nikon Salon , 大阪Nikon Salon , 岩波書店 雑誌世界 12月号掲載)           三木淳賞 受賞作品展 『新しき家』  (大阪Nikon Salon) 2015  三木淳賞 受賞作品展 『新しき家』  (新宿Nikon Salon) 2014 『新しき家』(新宿Nikon Salon , 大阪Nikon Salon , 日本カメラ 10月号掲載)    

グループ展

  2015  全州国際Photo FESTIVAL (全州郷校 全州市・韓国) 2014  BIRTH 展 (CANSON Gallery ソウル・韓国)           三菱商事アートゲートプログラム展 (表参道 GYRE) 2013  キヤノンフォトグラファーズセッション 2012  写真新世紀 (東京都写真美術館, せんだいメディアテーク) 2011  写真新世紀 (東京都写真美術館, せんだいメディアテーク)    

  2015  三木淳賞 2012  写真新世紀 佳作 2011  写真新世紀 佳作    
   

Contact

  問い合わせ、仕事の依頼は、こちらから  Request & message  E-mail    yuukiabe@me.com 📧    
展示
シンビズム展 諏訪市美術館 ( 2018.02.24 - 03.18 ) 銀座ニコンサロン、写真新世紀展 東京都写真美術館、せんだいメディアテーク、全州国際写真フェスティバル、他  
広告
Nikon D5600 (株式会社ニコン)、SK-II (P&Gプレステージ合同会社)、他  
雑誌
岩波 世界、日本カメラ、 デジタルカメラマガジン、ニッコールクラブ その他 宣材写真、トークイベント(銀座NAGANO)、インタビュー撮影、建築撮影 等    
 

Info

 
2017.09.18 THE TOKYO ART BOOK FAIR
天王洲アイルの寺田倉庫 にて開催される THE TOKYO ART BOOK FAIR に出展、参加します。 murakoshi toshiya factory SECTION A が ブースです。 zine      
2017.05.25 nikkor club 5月号
nikkor club 5月号に『霧のあと』より写真と、インタビュー記事が掲載されています。 NEW ERA -写真の現在- VOL.1 阿部祐己 インタビュアーは 阿古真理さんです。    
2016.11.11 Nikon D5600 広告
Nikon D5600の広告撮影をしました。 Web媒体とカタログの写真を担当しています。 詳しくはこちら http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5600/    
2016.11.08 岩波書店 雑誌 世界  2016年 12月号
岩波書店 雑誌 世界  2016年 12月号のグラビアに 『霧のあと』より写真8枚が掲載されています。    
2016.10.01 トークイベント開催
トークイベント開催 2016年11月01日 18:30~ 阿部 祐己(写真家)× 小原 真史(映像作家、批評家)   
2016.09.12 クロストークイベント
クロストークイベント 長野県アンテナショップ「銀座NAGANO」 2016年9月17日 17:00~19:30 詳しくはこちら https://www.ginza-nagano.jp/event/11807.html    
2016.06.01 個展「霧のあと」
個展「霧のあと」 2016年 10月26日 - 11月8日 銀座ニコンサロン 2016年 12月  1日 - 12月7日 大阪ニコンサロン    
2016.03.01 デジタルカメラマガジン3月号
デジタルカメラマガジン3月号にて ローコントラストの写真を担当しました。 I was responsible to tricks of digital camera magazine issue.    
2015.12.11 信濃毎日新聞 掲載
地元の新聞社、信濃毎日新聞に個展情報が掲載されました。 "The Shinano Mainichi Shimbun" exhibition information was published in newspaper. 金曜日の芸術家特集、カラーで経歴、個展レポート、インタビューが掲載されています。    
2015.12.01 三木淳賞 受賞
第17回 三木淳賞 を受賞しました。 三木淳賞 受賞記念展「新しき家」 2015年 12月  1日 - 12月 7日 新宿ニコンサロン 2016年 1月  5日 - 1月 13日 大阪ニコンサロン  

...and more

  TOP