Temple Bar Remix

  U2のアルバムの中で、一番を挙げろと言われれば間違いなく「The joshua tree」 もしくは「Achtung Baby」どちらかだと思う   Achtung BabyはU2のアルバムで唯一、ハイレゾ配信されている 44.1khz 24bitだから、そこまで違うと言われれば微妙なところだが CDをリッピングしたwavよりは多少良く聴こえていると思う   このハイレゾ版 Achtung Babyは2パターン種類があって 通常のCD版と同じ12曲と、デラックス版 全26曲 値段も1000円ほど違う 自分が聴いているのはデラックス版 2時間位だが、あっという間   Who's Gonna Ride Your Wild Horses は、通常版にも入っているが 俄然、デラックス版 Temple Bar Remix の方がカッコいい オリジナルのエコーが消えて、エッジのギターが一層際立つ カウボーイが疾走しているような、そんな曲   歌詞を見れば分かるが タイトルのWild Horses は、じゃじゃ馬の意味 「Achtung Baby」の中では「The joshua tree」に一番近い爽快な曲 "じゃじゃ馬"に振り回されるカウボーイ なんともカッコいいんだか、カッコ悪いんだか ボノが歌えば、カッコいいのだが   荒野には程遠い我が国ハイレゾは、ここ数年で種類も増えた が、ご存知、値段が高い 本アルバムのデラックス版は4200円 それでも買ってしまう   ライブでは掛かることの少ない一曲 最近、日本ライブのないU2 ダブリン、直行便ないのだろうか 次に来るのを、ひそかな楽しみに  2017.02.24 更新   前の記事             新しい記事