Yu-ki Abe Photography - Blog

 

2019.01.24

週間天気予報と にらめっこ

  冬になると雪の予報から眼が離せなくなる。 日本海側は雪マークが続くけれど お目当ての釧路や諏訪は大雪の日は年に数回あるかないか。 釧路行きに雪の日が当たれば嬉しいが こういう日は諏訪で雪が降っていたりするから難しい。   最近の天気予報の精度は相当なもので 一週間先の予報までかなりの確率で当ててしまう。もちろん数日ずれることはあるのだが 大外れというのは滅多にないのではないだろうか。 神の領域に近づいていると言ってもいいくらいだろう。   この時期気になるのは諏訪湖の天気。 −10℃が一週間続くと出るといわれる御神渡りだ。 大寒の頃にニュースで写った諏訪湖は暖かそうだったが 近年の御神渡りを振り返ると本命は2月。 1月の終わりに寒波が来て一気に氷り 2月の頭に御神渡りを認定というのが多い。   さて、本日1月24日の諏訪湖の週間予報を日本気象協会でみると 今週末は一際厳しい寒気が流れ込み 来週は週末に雪の予報が出ている。 節分の頃までが御神渡りの可能性が高い。 豆まきを過ぎれば日が高くなり氷が解ける。   一方の釧路はマイナス10℃が続いたこともあり 塘路湖は完全に凍っているらしい。 釧路川の河口はライブカメラをみるかぎり凍っていないが 朝晩は流氷のような氷が流れてくる気温だ。   去年の釧路も諏訪湖もこの時期の写真で一年分を撮り尽くした感がある。 今年も2月の頭が勝負になると期待したい。   前の記事へ             新しい記事