山のあと / 霧ヶ峰 - Yu-ki Abe Photography

 
霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰 霧ヶ峰  
  2020 01 / 26 - 02 / 02  Jeune Creation 69 Programmation / Komunuma Paris   2018 11 / 02 - 11 / 25  EUKARYOTE para nature展 09 / 20 - 10 / 30  京都岡崎蔦屋書店 08 / 24 - 09 / 06  エプサイト 08 / 23 - 09 / 06  Alt_Medium 07 / 07 - 08 / 05  時さえ忘れて 06 / 07 - 07 / 02  BOOKS f3 05 / 18 - 05 / 27  CCAAランプ坂ギャラリー3 02 / 24 - 03 / 18  諏訪市美術館 シンビズム展   2017 07 / 18 - 24  space jing    2016 12 / 01 - 07  大阪ニコンサロン 10 / 26 - 08  銀座ニコンサロン  

写真集

Trace of fog / 霧のあと ご注文は、こちらからリンク Yu-ki Abe Official Store   Size 254mm × 228mm Color 80 page / 44 Photo's ISBN 978-4-9907230-9-5   作者が2009年より撮り続けている長野県の山 "霧ヶ峰" を舞台に 人間の痕跡を辿った作品群。   中世の武士達、近世の農民達、明治大正の文化人達が活動した山。 その時代ごとに風習や文化が山の地図へと書き足され霧ヶ峰と呼ばれる現代の山の姿を私達は目にしている。 人は山に憧憬を抱くが、それらは一方的な片思い、幻想に過ぎない。 ときに脅威となる自然の力そのもの、あるいは象徴する存在として山は存在し、我々はそこに神を崇めた。 昔の人間が持っていた畏敬の念は、今なお残る神社跡や神事に垣間見ることが出来る。 それら人の痕跡、人の意志は山を覆う霧のような一瞬の存在であり、時間の経過とともに地図には新たな情報が上書きされる。 人が残した痕跡は積み重なって地層となり、なにかの拍子で表面へと顔を覗かせる。あるものは残り、あるものは消えていく。 いつかは痕跡と呼ばれ、新たな地図を構成する要素になるであろう。 それは私の撮影している写真群も例外ではない。 この写真集は21世紀はじめの霧ヶ峰を記録した写真群であり、現代の山の姿を記録した(いまのところ)新しいものだ。
  ga1 ga1 ga1 ga1 ga1 ga1 ga4 5629 kg13min kg15min kg11min
  あとがき より   山を撮りはじめて、10年になる。 通う度に山に残るの痕跡に目を留めるようになり、そこから昔の山の姿を知るようになった。   昭和の初め、ここには巨大なスキー場が存在していた。 ふたつのジャンプ台を抱え冬季オリンピックの候補地にもなったという。 何度かの移転の後、スキー場はとても小さなものとなり、ゲレンデは完全に草原に埋もれてしまっている。   さらに遡ると、ここは山一面が狩り場だったという。 800年前に武士が腕を競った狩猟祭は鎌倉幕府が主催した大規模なものだった。 いまは祭りも形骸化し、かつての名残を留める程度になっている。 6年に一度、麓の大祭に併せて行われる小宮祭が当時の賑わいを彷彿とさせた。   道を辿る度に跡が見つかり、その跡もいずれは埋もれていく。 山の用語で使われるトレースは先行する者が残した踏み跡のこと。 先人達が通った道は姿を消すもの、形を変えて残るもの、さまざまだ。   私が辿った道も、トレースとして残るか、いずれは消えてしまうか。 写真というメディアに今の山の姿を記録することで、なんらかの"山のあと"を残したいを考えている。     A deep fog usually envelops Mount Kirigamine (literally "Summit ofFog"). Once the mountain is covered by the fog, all boundaries disappear, and the fog seems to extend into infinity.   A while ago, the mountain was home to a ski resort, large enough to include two ski jumping platforms. The mountain was a candidate to play host to the Olympic Winter Games.Further back in time, the entire mountain was once designated as hunting grounds. The Kamakura shogunate 800 years ago organized large hunting events in which the samurai competed with each other. Shinto rites held at temple ruins still remaining in the mountain pastures convey these ancient times to our present age. Today, too, there are a number of building complexes on the mountain that have outlived their usefulness. These abandoned structures appear like fresh ruins that will tell future generations of our times.   "Trace" is a word used in mountaineering. It is used to denote alterations made by those who came before you. As climbers move through a mountain, they effect various changes. Paths change or disappear. They overlap each other like layers on a rock bed, their surface covered by the fog.The fog lasts mere moments. It comes then disappears. It seems to swallow all and everything but soon vanishes into nothingness. It reminds me of our human existence. Ancient ruins and present buildings, too, are only transient presences on the mountain's surface. Measured in the time scale of the mountain, humanity's traces are but a momentary presence, just like fog.   Fog has no beginning, no end. I follow the path, looking for the traces it has left behind.      

Zine

zine6 zine1 zine2          zine3 zine4 zine5 zine7 zine8

Trace of fog (zine)

Sold Out